チバニアン(千葉時代)って何?地層の場所やアクセス方法を調査!

みなさんこんにちは!

この記事では、地球の歴史で約77万~12万6千年前の年代のことを「チバニアン」

と命名される見通しが立ったようですね!

なので、今回の記事では、千葉時代ってなに?

地層の場所はどこ?アクセス方法は?チバニアンって何?

などの疑問に対して記事を書いていきます。

題して「チバニアン(千葉時代)って何?地層の場所やアクセス方法を調査!」

ということで早速記事に移っていきましょう!

千葉時代(チバニアン)って何?

千葉時代(チバニアン)は何?ということで千葉時代をわかりやすく説明している、

動画で理解度を高めましょう。

地層の専門家の方の説明の方がわかりやすいので、チバニアンの詳細については、

動画を参照してください。

千葉時代のラテン語がチバニアンということらしいですね!

約77万年前から約13万年前までの時代に相当する地層が千葉県市原市の養老川沿いにあるとして、

国際標準模式層断面の候補になっているようですね!

イタリアの競合している、地層よりも評価されることがあれば、

日本初のようですね!

イタリアの地層よりも、地層が厚く、

チバニアンの地層の方が研究に適しているようですね!

なので、現時点では、チバニアンの方が評価されているのではないでしょうか!

是非とも正式にチバニアンが認定されて欲しいですね!

地層のアクセス方法

地層のアクセス方法は、こちらから参照してみてください。

アクセス方法

マップでいうこと、

アクセス方法は千葉県千葉市田淵の養老川沿いです。

成田、羽田空港から一時間ほどでアクセスできるので、

外国人観光客のかたも多く訪れるスポットになることが予想できますね。

アクセスをする際には、夏場はヒルなどがいるようなので、

必ず、肌の露出は避けた方がいいですね。

他にも、足元が滑りやすくなっているので、

滑らない靴などを用意しましょう。

もしチバニアンに足を運ぶことを考えている方は、

登山靴などの購入を考えておいた方がいいかもしれませんね!

まとめ

この記事では題して「チバニアン(千葉時代)って何?地層の場所やアクセス方法を調査!」

ということで記事を書いたのですがどうだったでしょうか!

今回正式にチバニアンが認定されたら、写真好きのかたや、

地層や歴史が好きな方の大人気スポットになりそうですね!笑

空港からのアクセスもいいので、

外国人観光客の方が多く訪れるかもしれませんね!

最新の情報がわかり次第情報を更新していきます!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。